メンネルコール・シュトロームのご紹介

結成のきっかけは?

結成当時のメンバー

私たちメンネルコール・シュトロームが誕生したのは2007年3月でした。 岐阜県可児市や美濃加茂市近辺の合唱の好きなオトコたちが「男声合唱やろうよ!」と声を掛け合ったのがきっかけでした。 この地区はもともと合唱の盛んなところで、混声や女声の合唱団は沢山ありました。 しかし当時は、男声合唱団は希少な存在でした。 そんな中で、男声合唱をやりたくてウズウズしていたオトコたちが集まったのです。
以来7年余り、毎週土曜日、可児市広見公民館にてオトコたちは歌い続けています。

(写真は結成後まもなくの団員たち。当時は神保孝之先生にご指導いただいておりました)

団の名前の由来は?

2009年第1回演奏会を伝える新聞記事

ドイツ語で、「メンネルコール」は男声合唱、「シュトローム」は(川の)流れの意味で、大河をイメージして名づけられました。 私たちの住む岐阜県可児市には木曽川が流れています。その母なる河・木曽川を意識したネーミングです。 語感といい、意味といい、なかなかロマンティックな名前ではないでしょうか。

(右は2009年の第1回演奏会を伝える新聞記事。画像クリックで拡大表示されます。
下は2008年可児市音楽祭のステージ風景)

2008年音楽祭ステージ風景

私たちの思い

2010年演奏会

団の名前ともなっている大河、木曽川……
この母なる川、木曽川も、木曽の山々に降った雨の一滴のしずくから生まれました。そのしずくがせせらぎとなり、やがて大河となって海にそそぎますす。
時には濁流が流れを乱したり、ダムにせき止められ停滞してしまうこともあるでしょう。でもいつか大海へそそぐ……。
無骨なおじさんたちも心と声をひとつに合わせれば、聴く人に感動を伝える歌が、いつかきっと歌えるのです。 あせらずゆったりとした気持ちで合唱を楽しみたい。そして、合唱の素晴らしさ、歌うことの喜びと感動を地域の皆さんに伝えたいと願っています。(写真は2009年に開催された第1回演奏会のステージ)