ロマン薫る名前・・・メンネルコール・シュトローム。 ドイツ語で"Männer Chor Strom" は「男声合唱団・河の流れ」の意です。 この地を流れる大河・木曽川のようにゆったりと男声合唱を楽しみ、歌声の輪をひろげたいとの思いで名付けられました。今年は結成10周年記念の演奏会を11月23日(祝)に開催予定です。2017年7月5日更新

    お 知 ら せ

可児市音楽祭2017に出演しました。

音楽祭チラシ

 7月2日(日)開催の可児市音楽祭に出演しました。2007年結成以来なんと連続11回目の出場です。
歌ったのは『男の海の歌』から「海の唱歌メドレー」「ふたつのナポリターナ」「知床旅情」の3曲です。歌い終わると客席から「ブラボー」の声が! 11月23日(祝)の記念演奏会のPRもでき、達成感の味わえたステージとなりました。。
▶音楽祭チラシの裏面はこちら。    


5月14日 施設の皆様に歌声をお届けしました♪

施設コンサート風景  我が合唱団では、演奏会等で歌うだけでなく、社会に結び付く活動を行いたいと常々考えてきました。 アウトリーチともいわれる社会貢献活動です。
 この度ご縁がありまして、愛知県瀬戸市の老人ホームにてコンサートを行うことが出来ました。5月14日、20名ほどのメンバーで訪問し、 民謡・唱歌・ポピュラー曲など、それに合唱組曲「海鳥の詩」をお聴きいただきました。若い頃にラジオから流れた「花の街」の詩を施設の 合唱団の皆さんや客席の皆さんとご一緒に歌うこともできました。 施設コンサート風景 また当日は母の日でしたので、演奏の途中で団員一人一人から 直接昔の?お母さん達にお菓子のプレゼントをお渡ししました。とても喜ばれました(菓子は施設側にてご用意)。 「どうぞお元気で」と名残りを惜しみつつ帰路についた私たちでした。
指揮は谷村真一先生、ピアノ演奏は小関なぎささんでした。


2月19日(日) 中濃合唱祭で優秀賞を受賞しました♪

中濃合唱祭合同演奏ステージ

 第42回中濃合唱祭が2017年2月19日にタウンホールとみかで開催され、中濃地区の27の合唱団が日ごろの練習成果を発表しました。 メンネルコール・シュトロームは『男の海の歌』より「真夏の果実」「海 その愛」の2曲を歌いました。そしてなんと、優秀賞を受賞!!  私たちにとって難しい曲でしたが、日々の精進が実ったといえそうです。秋の10周年記念となる演奏会に向けて励みになりました。 画像は中濃合唱祭のチラシと、合同合唱のステージの写真です。 中濃合唱祭2017のチラシを見る


「TAJIMI CHOIR」のXマスコンサートに当団有志が出演しました♪

「TAJIMI CHOIR」のクリスマスコンサートが12月18日(日)にバロー文化ホール(多治見市)で開催され、当団の有志13名がステージに立ちました。 「TAJIMI CHOIR」は多治見少年少女合唱団とシニアコア他による合唱団で、そこに私たちメンネルコール・シュトローム有志13名も 加わったのです。
 私たちの出番は3ステージ目のミュージカル「レ・ミゼラブル」でした。その「レ・ミゼ」8曲のうち5曲をオーケストラ伴奏で TAJIMI CHORの皆さんと歌いました。ミュージカルなど、もちろん初めての経験・・・。私たち自身も感動し、よい刺激になった 演奏会でした。【2016年12月】

クリスマスコンサートチラシ表 ステージ風景コラージュ


10月30日「可児歌おう会」が開催されました♪

シュトロームのステージ

 秋晴れの10月30日、可児市で活動している男声・女声合唱団3団体が出演する「可児歌おう会」が開催されました。 「お気軽コンサート」と副題のついたこの催し…、可児市春里公民館で広見女声コーラス、西可児ハーモニーおよび当団の 演奏をくつろいだ雰囲気でお楽しみいただきました。私たちの曲は「ふたつのナポリターナ」と「オロロン鳥」「エトピリカ」の3曲。 お客様とご一緒に歌っていただくコーナーでは会場いっぱいの歌声で、私たちも楽しい時間を過ごすことが出来ました。 ご来場の皆様、ありがとうございました。【2016年10月】
▶広見女声コーラスのステージ写真を見る
▶西可児ハーモニーのステージ写真を見る


8月28日 御嵩町文化協会の催しに出演しました♪

御嵩町コンサートステージ風景

 8月28日(日)に開催された「御嵩町文化協会芸能部発表会」に出演しました。この催しは御嵩町内と近郊の音楽や芸能を愛好する 皆さんの発表会とのことで、男声合唱をぜひ聞かせてほしいとお声が掛かったものです。会場の御嵩町中公民館には主に 中高年のお客様が大勢ご来場くださり、当団の合唱を鑑賞していただきました。
演奏曲:アイン・プロジット、希望の島、青蛙、小夜曲、遥かな友に、ほか。
 わが合唱団には御嵩町在住の高校生が団員として一緒に歌ってくれていたのですが、大学入試を来年に控えてこれを機に卒業(?)することに なりました。彼にも私たちにも思い出に残るステージとなりました。【2016年8月】


7月3日 可児市音楽祭2016に出場しました♪

可児市音楽祭ステージ風景

 恒例の可児市音楽祭が7月3日(日)開催されました。可児市内および近郊の9団体が日頃の成果を発表しました。 メンネルコール・シュトロームは「愛唱歌集」の中から8曲を演奏。愉快な曲では拍手も出るなどで、楽しんでいただけたようです。【2016年7月】

チラシの表を見るチラシウラはこちら


5月20日 谷村真一氏(当団指揮者)が中日新聞に!

中日新聞記事 当団指揮者谷村真一氏は昨年度の地域文化功労者として昨年(2015年)11月に表彰されていましたが、当地の他の3人の音楽家とともに中日新聞に取材され、 この度中日新聞に掲載されました。『音楽活動で栄誉』との見出しで5月20日朝刊地方版です。
なお、地域文化功労者表彰は、文化庁より昨年11月に授与されたものです。【2016年5月】
※画像クリックで拡大表示されます。


2016年2月14日 第41回中濃合唱祭に出場しました♪

中濃合唱祭チラシ  毎年恒例の中濃合唱祭が今年もタウンホールとみかで開催されました。参加は26団体。1年間の練習の成果を競い合いました。
過去4回、優秀賞を連続受賞し、昨年はグランプリを受賞したメンネルコール・シュトロームですが、今回は残念ながら入賞に至り ませんでした。しかし、「水のいのち」の2曲を心を込めて歌いました。
その演奏をお聴きいただくことができます。
男声合唱組曲「水のいのち」より「雨」「水たまり」の2曲です。(MP3音源)。
※録音、ステージ写真ともに中濃合唱連盟のご提供によるものです。2枚目写真は全員合唱の「大地讃頌」の風景です。【2016年1月】

中濃合唱祭ステージ写真 中濃合唱祭ステージ写真


1月24日 第4回演奏会が盛況のうちに終了しました♪

演奏会プログラム表紙 第4回演奏会チラシ

 2016年1月24日、第4回演奏会が無事終了しました♪
 幸い天気にも恵まれ、会場の可児市文化創造センターには多くのお客様にお越しいただくことが出来ました。3階席にもお客様の姿がみえるほどで、ほとんど満席! 予想を上回るご来場でした。

 今回は、各ステージで衣装や小物を変えるなど演出にも工夫を凝らしました。
自慢は第2ステージ「SORA」です。作曲者の許可を得てヴァイオリン、チェロ、パーカッションの伴奏つきに編曲し、実力派アーティストを招いて 演奏したのです。本邦初公開!かもしれません。(下のステージ写真をご覧ください)
第3ステージでは、長い深紅のスカーフ姿で登場した団員に、客席からはオォーッとどよめきが伝わってきました。 第4ステージ「水のいのち」では詩の心を表現しようとの団員の熱唱に、お客様は聴き入ってくださいました。

  「水のいのち」全5曲の後には、アンコール曲を兼ねて「涙そうそう」をお客様にもご一緒に 歌っていただきました。最後は「春よ、来い」で 終演となりました。ご来場いただいたお客様、まことにありがとうございました。とにかくお客様にお楽しみいただきたい。そして男声合唱の魅力と、 できることなら感動もお届けしたい。・・・そんな思いの演奏会でした。 反省点は多々あるものの、2年間の精進を積み重ねた成果を出し切る演奏が出来たかと思います。【2016年1月】

●第4回演奏会のステージをYouTubeの動画でご覧いただけます。左のメニュー欄からご覧ください。
※上の画像はチラシとプログラム表紙です。クリックすると拡大表示できます。
下の写真はステージ風景です。3人のゲストプレーヤが彩りを添えてくれました。

第4回演奏会ステージ風景 第4回演奏会ステージ風景


メンネルコール・シュトロームの開催・出演した演奏会

八百津の中学校で演奏させていただきました♪ 2015年11月21日

中学校でのステージ岐阜県八百津町はいま、杉原千畝のふるさととして注目を浴びている山間の町です。じつはメンネルコール・シュトロームにとってもご縁があるのです。 その町のある中学校からお招きがありました。芸術鑑賞会として男声合唱を聴かせて欲しい、とのご依頼でした。
11月21日、会場は中学校の体育館。中学校の生徒さん、教職員の方、地域のご父兄。大勢のお客さまの前で私たちの合唱を披露しました。 曲目は「水平線のかなたへ」から3曲、「SORA」から3曲、日本民謡2曲、最後に「水のいのち」から3曲でした。 最後は「ふるさと」を生徒さんとの合同演奏で締めくくりました。先生方の心のこもった対応に感激の団員達。終了後はおいしい昼食をいただき、 紅葉も眺めたりして、なぜか満ち足りた気持ちで山を下りた団員たちでした。


「可児歌おう会2015」を開催しました♪ 2015年9月27日

可児歌おう会チラシ

毎年恒例の「可児歌おう会ミニコンサート」が桜ケ丘公民館で開催されました。"3合唱団のお気軽コンサート"とサブタイトルのついたこの コンサート…。女声合唱と男声合唱の魅力を気軽にお楽しみいただけたかと思います。また来年も開催されることを願っております。

・日時:2015年9月27日(日) 開演14:00 (開場13:30)
・会場:桜ケ丘公民館体育室 岐阜県可児市皐ケ丘6丁目1-1
・出演:広見女声コーラス、西可児ハーモニー(以上女声合唱)
   メンネルコール・シュトローム(男声合唱)
※チラシをクリックすると拡大表示されます。



第40回中濃合唱祭でグランプリをいただきました! 2015年2月15日

よい天気に恵まれた2015年の第40回中濃合唱祭。岐阜県中濃地域の27団体の参加で、会場のタウンホールとみかは熱気に包まれました。 そして、なんと、メンネルコール・シュトロームが栄えあるグランプリに輝きました!!
これで、指揮の谷村真一先生の厳しいながらも 愛あるご指導にやっと報いることが出来ました。そして更に、中濃合唱祭が第40回の大きな節目を迎えたことで、我が合唱団の桜井団長が 特別功労賞として他の二人の方と共に表彰されたことも喜ばしいニュースでした。

●グランプリに輝いた我が団の本番での演奏をこちらでお聴きいただけます。 木下牧子作曲「二十億光年の孤独」と「卒業式」です。録音がよくないですが、お楽しみください。
写真は、「大地讃頌」の合同演奏の際のステージ風景です。百数十人による大合唱。ド迫力でした。 

中濃合唱祭チラシ 中濃合唱祭合同合唱のステージ


2014年11月 "アンサンブルさくら"とのジョイントコンサート終わりました♪

ステージ風景 合同ステージ 2014年11月24日、満席のお客さまの拍手のなか、jが無事終了しました。
女声合唱団との同じステージは「可児歌おう会」などで経験はあるのですが、今回は文字通りのジョイントコンサート。 女性陣のパワーに圧倒されたステージでした。アンサンブルさくらの皆さま、ありがとうございました。 またいつか、ご一緒に♪

・日時:2014年11月24日14:00〜
・会場:犬山市南部公民館
・指揮:公門久美子、谷村真一
・曲目:ロンドンデリーの歌、ひとひらの花びら、Jupitor、地平線のかなたへ、聞こえる、懐かしい日々、いのちの歌、大地讃頌 他

・写真右はアンサンブルさくらとの合同ステージ風景。

・私たちの『男声合唱組曲 地平線のかなたへ』を YouTubeの動画でご覧下さい。 (曲名クリックで再生します)